精神療法

勃起障害の精神療法

精神療法は心理的なストレスを取り除くのが最大の目的となります。

不安要因を取り除くを解消するには、長期間を要することがありますので、その際には性のパートナーといっしょにカウンセリングを受けると回復も早くなります。

パートナーと行なう代表的な精神療法として「ノン・エレクト法」があります。
勃起させようと懸命になっている本人やパートナーの不安と緊張感を、あえて「勃起させなくてもよい」と指示することにより、精神的な重圧から解放し、男性器の感覚のトレーニングを行なうことです。

大切なことは「絶対に勃起させようと考えない」ことです。ペニスの皮膚感覚は半勃起状態のときが最も敏感で、平常時がそれに次、完全勃起時がいちばん鈍感であることを理解し、あくまでもパートナーとの性器の接触や不完全な勃起状態の陰茎を膣に挿入するだけで済ませます。

目的はパートナーとの温かい接触で勃起不全の重圧感から解放されることにあります