インプラントとは

インプラントインプラントとは、一般的に「しっかりと植え込む」ことを指し、医学用語としては「移植する」という意味もあります。日本語では、歯科用語として人工歯根そのものをインプラントといいますが、一般的には人工物を植えつける治療法のことをさします。

歯歯は普段見えている歯冠の部分と、歯ぐきの下の骨の中に埋まっている歯根という部分があります。

虫歯や歯周病などで歯を失うと、歯根までなくなってしまいます。たとえ入れ歯やブリッジであっても、土台となる大切な歯根がないのですから、噛む力が衰えたりするのも仕方がありません。

しかしインプラントであればそのような問題はありません。
オッセオインテグレーション・インプラントが開発されたことにより、体に安全な人工の歯根を埋め込むことが実現できます。その安全性は世界一厳しいアメリカ医師会の正式承認を得ていることにも証明されます。

インプラントが画期的な治療法である理由としては、歯冠だけでなく歯根までも取り戻すことができるところにあります。また人間の体になじむ素材を使って本来の歯の構造のようなものを作り出すので、見た目にも自然であり、根元からしっかりと固定されるので、かたい食べ物でも噛み砕くことができます。