インプラントは歯を傷めない


インプラントは残った歯を傷つけることはありません

失った歯の数が少ない場合は、取り外し式の入れ歯ではなくブリッジを使用するのが一般的です。ブリッジは、なくなった歯の両隣の健康な歯を支えにして、接着剤で人工歯を取り付けるものです。このため、しっかりと固定されるので、取り外し式に比べて安定が良く、かみしめる力を失わないですみます。

しかし人工歯を支える役割の両隣の歯は大きな負担をかけてしまいます。またブリッジの支えとなる両隣の歯は削らなければなりません。歯を失った方は健康な歯を維持することの大切さを実感しています。「残っている歯は大切にしたい。わざわざ傷つけるようなことはしたくない」と考えるのが普通でしょう。

そこで注目を集めるのがインプラントです。インプラントであれば残っている健康な歯を傷つけることはありません。失った歯の部分だけを治療するので、他の歯を削ったり、負担をかけることもありません