インプラントで食事我慢なし


インプラントなら食事の我慢不要

いったん歯が悪くなったら、食の楽しみはなくなってしまうと思い込んでいる方は少なくありません。しかしそうした考え方は間違っています。年を取って食べる量が減ったからといって、食事の中味に拘らないわけではありません。逆においしいものを選んで食べたいと考えるのが欲求でしょう。

しかし歯を失った後の食事には不便と悲嘆がつきものです。
一般的に健康な歯ならおよそ40~50キログラムは噛む力がありますが、総入れ歯にしてしまうと10~15キログラムにまで減ってしまいます。総入れ歯の場合、30%まで咀嚼機能が回復できればベストだと言われています。

また、初めは調子が良くても、毎日使い続けているうちに、歯ぐきが萎縮し、それにつれてあごの骨が変形し、少しずつ安定が悪くなっていきます。ひどいときには、「合わない」という理由でそのまま使わなくなり、周囲に残っている健康な歯にまでダメージを与えてしまうこともあります。

加えて、口の中の違和感や不快感という問題もあります。体の一部に常に不快感がある状態というのは、毎日の生活に影響を落としてしまいがちです。ましてやそれが敏感な口の中のこととなれば、つらさは増すばかりです。

そんな苦痛から解放される手段がインプラントです。インプラントは失われた永久歯の代わりとしての役割を果たしてくれます。インプラントは自分の歯のようにしっかりと固定されますから、口の中に不快感を覚えることもなく、好きなものを食べることができます。インプラントは食べる喜びをよみがえらせ、毎日の生活をいきいきとさせてくれる最新の歯科治療です。