インプラント治療のステップ


インプラント治療は歯科医院選びから

歯科医師インプラント治療を受けるに当たって、歯科医院選びが大切なポイントとなります。

現在ではインプラント治療を行なっている歯科大学の付属病院が多くなり、また開業歯科医院でも積極的に取り入れているところが増えてきました。それだけに、どこで治療を受けるかについては慎重に考える必要があります。

最も重要なのは信頼と実績です。専門的な技術を修得した歯科医師がいて、できるだけ多くの患者さんを治療した経験のあるところを選ぶようにしましょう。今後長いお付き合いをするわけですから、説明をしっかりしてくれて、患者さんの話をよく聞いてくれる人柄の良い親切な医師にお願いすることです。


カウンセリングで疑問や希望の話し合い

歯科医院が決定したら、まずはカウンセリングを受けることになります。

カウンセリングでは治療に関する疑問や希望、歯の悩みなど、遠慮なく話してください。どのような治療を望んでいるかということはもちろん、インプラント治療について不安な点やわからない点があれば、すべて話し合って解消しておくべきです。

万が一、カウンセリングで担当の歯科医師が信頼できそうにもないと思った場合には、ほかの歯科医院に替えることも考えてみましょう。治療に対して、1人の歯科医師の説明だけで納得できなければ、かかりつけの医師や、別の歯科医師の考えを聞いてみることも必要です。


CTを用いた精密検査で骨の状態を見る

精密検査カウンセリングの後には、精密検査を行ないます。人工歯根を埋め込む土壌として、あごの骨の状態を調べるためです。

レントゲンやCTの撮影をして、十分なあごの骨の量と重みがあるかどうか、くびれなどの形態はどうなっているかなど厳密に調べます。その結果からコンピューターで治療計画を作成して、使用する人工歯根の長さを決めていきます。

そして問診などによって健康状態のチェックを行ないます。糖尿病などの持病への対応や、麻酔薬や抗生物質に対して異常反応を起こさないかなど、インプラント治療を行なうのに不可欠な条件がすべてそろっていることを確認します。


人工歯根を埋め込む

インプラント治療の第一段階としては、人工歯根をあごの骨に埋め込む処置です。大掛かりな手術を想像するかもしれませんが、レベルとしては少々難しい親知らずを抜くようなものです。

処置に関しては完全な滅菌消毒の管理が必要なので、術前術後にやや時間がかかりますが、それを含めても2時間以内には終了します。人工歯根を埋め込む処置そのものにかかる時間は、だいたい20~60分くらいです。

具体的には、まず局部麻酔をして、あごの骨を覆っている粘膜処理をし、骨の的確な場所に人工歯根を埋めます。麻酔がかかっているので、処置そのものに痛みは伴ないません。
人工歯根を埋め込み終わったら、人工歯根の頭の部分にカバーをはめます。

安定期間をおいて固定された後には、人工の歯と接続するアバットメントと呼ばれる土台をここに取り付ける必要があるので、それに備えてカバーをはめておきます。あとは粘膜を元通りに縫合して終了です。30分くらい休憩したら帰宅できます。

インプラント術後の注意事項

インプラント術後インプラントの前に入れ歯を使っていた方の場合には、人工歯根を植え込む手術をした後、少しの間だけ不都合を覚悟しておく必要があります。

手術してから1週間は、入れ歯を使用することができないからです。短時間で終わる手術とはいえ、粘膜の下に人工歯根を埋め込んだわけですから、その部分に強い刺激を加えることは控える必要があります。縫合したばかりのところに入れ歯をのせると、損傷する恐れがあります。

したがって、インプラント治療を受ける歯の本数や、それまでの状態によって、前もって対策を考えておくことが大切です。手術2週間はタバコやアルコール類などの刺激物はなるべく取らないようにしなければなりません。これを守らないと手術した部分の治りが遅れる恐れがあります。


安定期

人工歯根を埋め込む処置のあとに安定期間が必要になります。
通常下あごならば3ヶ月、上あごならば6ヶ月、長いように思われるかもしれませんが、人工歯根を骨が完全に結合し、安定した状態で人工の歯を取り付けるためには必要な期間となります。

安定期間を過ごす間でも、なにか気になる症状が出たり、日常生活のなかで不安があったりしたら、遠慮することなく担当の医師に連絡を取り、聞くようにしたらよいでしょう。


人工歯の土台を装着

ilm16_cd05005-s.jpg安定期間を過ごした後、再び来院したら、2次処置を受けることになります。
すでに大切な人工歯根を埋め込んであるのですから、処置は簡単です。粘膜から埋まっている人工歯根の頭を出し、最初の処置ではめておいたカバーをはずして、人工歯を接続するアバットメントという土台を取り付けます。

この処置で外科処置はすべて終了です。あとは、人工歯の型取りをして装着し、かみ合わせを見ていくこととなります。


人工歯の型取り

人工歯の型取りアバットメントを取り付けた後は、歯の型取りです。

人工歯根の部分はすでにあごの骨と結合し、接続のための土台もついているので、上に接続する人工歯に取り掛かることになります。これこそ永久歯を失った後の「第3の歯」として長くつきあっていくものとなります。

インプラントは長期間にわたる使用を前提としているので、できるだけ自分の歯に近いものを作ることが必要となります。したがって自分の歯以上にきわめて慎重に精密な型取りをすることが不可欠になります。

補う歯の本数にもよりますがアバットメント装着後、人工歯を作成し、完成するまで通常は3~6回程度は通院することになるでしょう。かみ合わせという非常に重要なことですし、歯並びや色、形といった外見的な要素もじっくりと検討していくためです。

治療が終わった後は・・・

治療が終わった後には、まず1週間後に定期健診があります。
その後は1ヶ月後、3ヵ月後に検診を受けて、それからは半年に1~2回、さらに経過が良好であれば年に1回くらい、定期的なチェックを受けるようになります。

定期健診では、インプラントの清掃状態や歯ぐきの状態、ほかの歯とのかみ合わせの様子などを見ます。当たり前のことですが、インプラントも自分の歯と同じように、毎食後、きちんと歯磨きをする必要があります。