インプラントに関するニュース


豊橋のインプラント使いまわし疑惑について

豊橋市の歯科医院によるインプラント(人工歯根)の使い回し疑惑が波紋を広げている。市保健所や市歯科医師会に相談・苦情が相次いでいるほか、・・・・
中日新聞より引用

これはインプラントの信用問題になるかもしれませんね。
内部告発で発覚した問題ですが、インプラントを行っている歯科にとっては大きな問題になってくると思います。
そもそも、インプラントというものは保険の適用外で、レーシック同様値段というものは自由に設定できるといわれています。インプラントも高額な治療ですから、少しでも安くしたい、と願う方への背徳行為としかいいようがありませんよね。

どこまでこの失墜したインプラントの信用を回復できるか、今後の動向がきになるところです。


(2007/8/29)藤枝市立総合病院、保険指定10月取り消し・不正受給問題で

静岡県藤枝市の藤枝市立総合病院が歯科口腔(こうくう)外科の診療報酬を不正に受給していた問題で、静岡社会保険事務局は28日、同病院の保険医療機関としての指定を取り消すと発表した。取り消しは10月1日から。不正受給にかかわった2人の医師の保険医登録を8月29日から取り消すことも決めた。重大な過失が重なったため、処分を決めたという。

 28日開いた静岡地方社会保険医療協議会で、静岡社会保険事務局長の諮問を受けて指定取り消しを答申した。

 静岡社会保険事務局などは3月に実施した監査で、2006年3―12月のレセプト3427枚を調査。入院費の付け増し請求や人工の歯根を歯ぐきに埋めて義歯を付けるインプラント治療など保険給付外の診療費を請求するなど164件の不正請求を見つけた。不正にかかわった医師は「保険診療について不勉強だった」と話しているという。

[2007年8月29日/日本経済新聞 朝刊]


藤枝市立総合病院、保険医療機関再指定に

10月1日より保険医療機関の指定が取り消されて、保険診療ができなくなっていた藤枝市立総合病院は、歯科口腔外科を除く診療科について、11月1日から保険医療機関として再指定されることとなったそうです。

(ここから)


保険医に来月再指定 藤枝市立総合病院 

再指定は同事務局の諮問機関「静岡地方社会保険医療協議会」の同日の答申を受けて決定した。同事務局によると、協議会では再指定への反対意見はなかったという。同病院は、保険診療が認められていないインプラント(人工歯根)治療の事前手術などを保険請求していた ...

静岡新聞より引用

この1ヶ月間、保険医療機関の指定が取り消されて、普段から利用している市民はさぞかし困ったことだったでしょう。しかし問題があった歯科口腔外科は引き続き再指定はされていないということで、不便な状態が続くことにかわりはないのでしょうね。